HOME医師の転職パターン勤務中のドクターの場合

勤務中のドクターの場合

勤務中のドクターの場合

例:大学病院、民間病院などで勤務中の医師が転職をする

このパターンが全体的にも一番多いのではないでしょうか。
大学病院、民間病院などで勤務中の医師が転職をするパターンが全体的にも一番多いのではないでしょうか。
勤務中であるため、慌てて転職先を探す必要が無く、じっくりと時間をかけてご自分の希望にマッチする施設を選ばれる訳です。
幾つかの施設を並行して、面接されることは一般的な進め方と言えます。受け入れ側も勤務中の医師(特に大学病院勤務中)の場合、早急な退職・就任が困難であるのは理解しており、事前の相談の上採用決定後、就任まで数ヶ月はお待ち頂ける例が多いようです。

この場合の注意点として「最低限の希望内容を明確に持つこと、その前提として勤務内容、勤務条件の相場を事前にある程度把握しておくこと」です。

ただ時間をかければ良いという事ではなく、「相場」も把握しある程度の納得出来るラインも見い出しておかないとなかなか良い案件に巡り合えません。特に給与条件の相場については地域や施設規模とその内容によって大きく左右されます。

<相場の違いについて>
医師の給与については一般的に都市部で低く、郊外に行けば行くほど高くなる傾向があります。
例えば同じ経験年数、内容のドクターであっても東京都23区内と埼玉県郊外では年収にして100万円以上の差が生じます。当然ながらこれは医師の絶対数の違いが影響していると言えます。

またそれ以外にも大学病院や公立病院よりも私立の民間病院の方が給与は高く、休日(研究日)などの勤務条件が恵まれている傾向があります。

当社の転職支援サービス

わたしたちは、誠意を持って
医師の皆様をサポートします!

求人をお探しの医師の方無料会員登録

全国18拠点のネットワーク。転職・1日単位の健康診断・アルバイトまで丁寧にサポート!

MC-産業医ネット
全国医師オータムキャンペーン
求人をお探しの医師の方無料会員登録

わたしたちは、
誠意を持って
医師の皆様を
サポートします

ドクターズネットはスマートフォン対応
マイナンバーのお知らせ
源泉徴収票・支払調書 電子化のお知らせ 給与・委託明細 電子化のお知らせ
すすめスポット求人多数
メディカル・コンシェルジュ
ページのTOPへ