HOME医師の転職パターン

医師の転職パターン

様々な環境にいる医師の「転職パターン」をご紹介。
大学病院、民間病院などで勤務中の医師が転職をするパターンや育児中もしくは育児の一段落した女性の医師のニーズが高まっています。さまざまな転職パターンを解説します。

勤務中のドクターの場合

大学病院、民間病院などで勤務中の医師が転職をするパターンが全体的にも一番多いのではないでしょうか。一般的には転職活動の開始から就任までの期間が長く、平均的に3〜6ヶ月、場合により、1年以上かけて情報収集・面接に臨まれる先生方もいます。

詳細を読む

フリーのドクターの場合

現在フリー、あるいは現在の勤務先の退職日が既に決まっている場合、早急に求人情報を収集する必要があります。ご希望内容の優先順位を明確にして頂くことが重要と言えます。

詳細を読む

専門性重視のドクターの場合

民間の医療機関の中でも、いわゆる専門病院(循環器、消化器、整形、脳神経外科など)へ転職をご希望される場合、就任地域についてはある程度広く見て頂くことが重要と言えます。

詳細を読む

勤務時間、地域など制約のあるドクターの場合

育児中もしくは育児の一段落した女性の医師において、少しずつ現場復帰を図りたいというニーズが高まっています。受け入れ側の医療機関もそのような女性医師向けの勤務体制を用意し、また徐々にですが病院施設内に託児所を設ける医療機関も出てきています。

詳細を読む

当社の転職支援サービス

わたしたちは、誠意を持って
医師の皆様をサポートします!

求人をお探しの医師の方無料会員登録

全国18拠点のネットワーク。転職・1日単位の健康診断・アルバイトまで丁寧にサポート!

MC-産業医ネット
全国医師オータムキャンペーン
求人をお探しの医師の方無料会員登録

わたしたちは、
誠意を持って
医師の皆様を
サポートします

ドクターズネットはスマートフォン対応
マイナンバーのお知らせ
源泉徴収票・支払調書 電子化のお知らせ 給与・委託明細 電子化のお知らせ
すすめスポット求人多数
メディカル・コンシェルジュ
ページのTOPへ